Special Thanks







とれとれ レイド馬関
スタートしていきなり鉄塔に登る道の入り口が分からなくてウロウロ。行き過ぎて戻ると、入り口で待っていたコースクリエーターさんに「ブリーフィングどおりでしょ」と怒られる。ナンカコワイデス・・・結局ここでウロウロしていた3名がラリーの最後尾集団を構成することになる。鉄塔道のシングルはとて走りやすくて特に下りは最高だった。でも前から誰か帰ってきた。あれ?分岐あったっけか??んー。。。悩んでいると「こっちだって」とスタッフさん。「地図にそう書いてあるでしょ」と怒られた。
ここで気付いた。これはダメ人間のグループだ。一刻も早く抜け出なければ・・・人の影響をものすごく受けてしまう私。前から人が来ると、間違っていなくても間違った気になるし、違うかもと思っていても、皆がそっちに行けば付いていく。集団心理?にやられまくるのだ。コマ図だとそこに自信という要素が加わって、皆の者、こっちだー。と集団ごと連れて帰るという技があるけど地形図になると重要な自信がないので最悪なのだ。
チェックポイントを通過し先を急ぐ。、ペースはほぼ同じ。地図の分からない所もほぼ同じ。団子ですすんでいく。

有人チェックのCP5でバナナとコーラを補給し次に進む。大きな道から山のほうへ舗装路をこぐ。ぐんぐん漕いで・・・あれ?おかしい。ここどこだ?この道の入り口は合っていたはずなのでどこかで曲がり間違えたらしい。農作業をしているおばあちゃんに「ここどこですか?」と聞いてみる。要領を得ない回答だったけどどうやら間違えたらしい。「今からこの辺行きたいんですけど・・・」と聞くと「あんた、危ないからやめときなさい。あの山はイノシシがいるから。」と。そんなこと言われたってルートなのだから仕方がない。行き過ぎた分を引き返し、半信半疑ながら分岐らしき林道へ入る。ああ、ダメグループを脱出しなければ、と思っていたけど確実に私=ダメ人間だわ。と悟った。
竹林では竹が割れる音がするたびにビクビクする。おばあちゃん、いらない情報をありがとう。CP6を見つけたときにはほっとした。地図読み合ってた。まだ救いようがあるかも・・・で、問題はその後。ダメ3人組が一同に介した。全員イマイチどこか分かっていないものだから話しても要領を得ない。ナビゲーションが出来る同士ならお互い助け合って余計にサクサク進めるけど、出来ない同士だと、「いまどこですかねー?」「いやー、私にも良く分からないんですけど、この辺?かな??ははは。。。」そんな会話が繰り広げられる。「私について来い!」なんて絶対に言えない。そして、ついには、ワダチを追って路面を見て「うーん、ここ、たくさんわだちのあとがあるからこっちだと思いますよ~。」などと言い出す。あれっ?イベントの趣旨が変わってる?その後は、あっちで悩み、こっちで悩み・・・最終的には道路に地図を置いてグルグル回したりしたり、畑のあぜ道をチャリを抱えて周りをキョロキョロしながら走ったり、電気柵沿いで感電におびえたりしながら、どうにか足切りポイントににたどり着いた。結果は50分オーバー。旦那さんははるか先を走っていて、15分オーバーだったらしい。
結果、間違いなくても足切りを突破できないのに迷っていては完走できるわけがない。
そんなわけでチームダメな3人組。最後までお付き合いありがとうございました。迷子になっても大丈夫?と心強かったです。
f0053647_2171779.jpg

来シーズンは地図読み修行をする予定でございます。もう少しで読めるようになりそうな予感?
[PR]
# by xr_maru | 2013-04-16 20:28
反省会
f0053647_234533.jpg
終わってからゆっくり見たらなーんだ!そういうことか。と思うのは車もバイクも自転車も一緒。同じラリーなのだ。
[PR]
# by xr_maru | 2013-02-18 23:03
とれとれレイド小国
正月以来乗ってなかったけど行って参りました。前回、思いのほか進んだので迷わず頑張れば完走できるかもなんてちょっと欲が出たりも。。。
f0053647_20235585.jpg
これはスタートしてすぐのCP。曇っていて残念だったけど相変わらず阿蘇の風景は良い。このあとの下りではディレーラーをかち割った宮崎の方に遭遇した。自転車ってそういうところも壊れるんだ。
今回は何度も同じところをさまよったり、まったく分からなかったりはなかったけど・・・そもそものペースが遅すぎるらしい。残り5分で飛び込んだこの林道では阿蘇の土にやられ
f0053647_20243014.jpg
良いぐあいによれよれになったところで足切りで終了。
f0053647_2025914.jpg

30分くらいオーバー。帰りの車ではもう自転車を変えるしかないのでは。と言う主旨の反省会が開かれた。ちなみに、CP3を見落としてしまい答えが分からず、解答用紙に反省文を書いたら特別賞をもらった。小学生の時にテストに名前を書いたら10点もらったのを思いだした。でも美味しかったのでOKなのだ。
[PR]
# by xr_maru | 2013-02-17 22:23
とれとれ 火の国ラリー
昨シーズンはいろいろでタイミングが悪く行かなかったけど、日程が合ったので火の国ラリーへ行ってきた。
今回の予定は足切りのEL2まで。だったのに思いのほか時間がかからず通過してしまった・・・次のEL3でタイムオーバー。この2年間、人間はどうにもならないため(練習嫌い)お金で解決しようといろいろ取り付けた。前回出たときと比べて違う部品は、ホイール、ペダル(SPDへ。でも何度もこけそうになった)、ブレーキ(Vブレーキ⇒ディスク)。この投資の結果がEL2通過になったのか??
途中出されるクイズを全問正解したらしく、おいしいハムをもらって帰ってきた。といっても後追いのスタッフさんに地図の見方を教えてもらったり、ヒントをもらったり・・・回答を間違えてくださった皆さんありがとう。地図もちゃんと読めないし、自転車に乗っても遅いのにおいしい思いさせてもらった♪旦那さんも面白かったらしく、「次回の年末はムリだね~。1月、北摂?ムリだね~。2月は行こっか。」らしい。
で、何をしたのか、リアホイールのスポークが1本か2本折れてしまい、やたらと振れているので今日は自転車屋さんに修理に持っていった。自転車のスポークってよく折れるのかなぁ。
[PR]
# by xr_maru | 2012-11-19 20:36
アイスランドへ行く3
前日滝のところから氷河が少し見えた。なんだか行って見たくなったので氷河トレッキングツアーへ出かけることにした。

移動中の休憩。ここは有名な景勝地らしい。
f0053647_2110458.jpg
氷河の入り口の駐車場到着。この国はエスクードとジムニー(シエラのほう)が本当に多い。ランクルとかより多いかも。冬はやはり4WDでないとダメなのかな。
f0053647_21105420.jpg
氷河の入り口まで歩いたら人生初のクランポン装着。ちなみにブーツしか持っていっていなかったお母さまはツアー会社で靴を借りた。注意事項を聞いたら出発。
f0053647_2111344.jpg
いたるところに大きな穴が開いている。めちゃめちゃ深いから、落ちたら死にそうデス。それから氷河って流れているので、常に傾斜している。足、滑らせたら・・・止まりません。いちおうアイスアックスというものも持たされたんですけど・・・使い方ワカリマセン。とはいっても、クランポンのグリップ力凄い!
f0053647_21111994.jpg
f0053647_21115497.jpg
アイスランドの氷河が黒いのは汚れているわけではなく、雪と一緒に降った火山灰が埋まっているらしい。
f0053647_21121182.jpg
というわけでたっぷり3時間氷河を歩いた。いやぁ、この眺めは初体験だった。

帰り道。アイスランドの羊はまんまる。ちなみに羊料理の国デス。
f0053647_2113343.jpg
伝統的な家。屋根が草で覆われていると冬暖かいらしい。
f0053647_21143532.jpg
昨日に続き滝。落差60mくらいあるそう。アイスランドは滝の国でもありました。
f0053647_2115587.jpg
ひとつ分かったこと。このジャケットはモンゴルの某ショップで買ったけど、これに命をかけてはいけない。ゴアテックスでは無いらしく、というか完全防水らしく(←透湿してくれない)、帰るころにはインナーに着ていたフリースとダウンはビショビショ。一度も止まらなかったから冷えなかったけど、これは危ないデス・・・

結局、オーロラは見ることは出来なかったけど楽しい旅行でしたとさ。「また来年リベンジするぞー」とお母さまは言っております。

ちなみに私の使っているニーブレースCTiを作っているOsserの本社は首都のレイキャビークにあって何度か前を通ったのだ。
[PR]
# by xr_maru | 2012-11-15 21:29
アイスランドへ行く2
次の日起きたら嵐。オーロラ見に来たのに嵐なんて・・・
今日行こうと予約していた滝、間欠泉ツアーは嵐の中で見ても辛そうと言うことで翌日に予約を変更した。で、何をするか悩んだ末に市内観光ツアー半日コースへ行くことにした。街歩きをしたといっても観光地にはあまり行っていない。
ホテルでピックアップ後、バスで市内を巡る。

おそらくアイスランドで一番高い建物。教会
f0053647_2048015.jpg
中ではコーラスの練習中。パイプオルガンが凄い。
f0053647_20484091.jpg
これはオペラハウスらしい。
f0053647_20493061.jpg
気付いたことは、ガイドさんの英語が訛っていて聞きづらい。ただでさえ聞き取れないんだから半分くらいしか分からない。なので母様への通訳なんてムリ。昼間、散々雨が降ったのに夕方からの予報は晴れ。でオーロラツアーが開催されたけどオーロラには逢えず・・・

翌日は快晴。なので延期したツアーに行くことにした。
地熱で空調して栽培されているトマト園。いろんな野菜を地熱で作っているんだそう。トマトスープを試食したけどおいしかった。
f0053647_2171497.jpg
グルフォスという名前の滝。滝マニアのお母さまは興奮していた。
f0053647_2192244.jpg
氷点下の気温で滝の水しぶきが飛んできているところは岩の上に氷がはっている。ここでもクランポン必要?かも。
f0053647_21123991.jpg
そして間欠泉。5分に1回くらい噴出する。でも高く吹き上がったかと思ったら不発のときもあったりして、見てて飽きない。
f0053647_21133377.jpg
それからここは是非見たかったところ。北大西洋プレートとユーラシアプレートが生まれているところらしい。アイスランドは年に数センチ広がっているんだとか言っていたような気がする。
f0053647_21145329.jpg
同じ場所に初めて民主主義議会が行われたという場所があった。綺麗な公園だった。
f0053647_2119166.jpg
今日のツアーは面白かった。嵐の中行かなくて正解。
でも夜、オーロラとは出会えず。うーん。。。
[PR]
# by xr_maru | 2012-11-14 21:22
アイスランドへ行く1
もう10月の話だけどアイスランドへいって来た。オーロラが見たいというお母さまのリクエストで。

福岡⇒成田⇒コペンハーゲン⇒レイキャビーク(アイスランド)の予定が成田⇒コペンハーゲンが欠航ということでミュンヘン経由で行くことになった。一泊してからミュンヘン観光。あまり時間が無かったのでマリエンプラッツという駅の周辺だけ
f0053647_2124967.jpg
外国の肉屋をチェックする肉屋の母
f0053647_21241916.jpg
あわただしく空港へ。
f0053647_21244450.jpg
ドイツに来た一番の収穫はビールがおいしかったことらしい。今度は一緒にオクトーバーフェストへ行く?私、飲めないけど。ようやく、アイスランドへ出発。下が雲だらけなのが気になる・・・
f0053647_21245943.jpg

空港から今日の宿へ。なぜか枕元にナビゲーションライトが・・・
f0053647_21251090.jpg

ブルーラグーンに宿泊。世界最大の露天風呂らしい。写真右端の箱みたいなのが売店。ビールとか食べ物とかが売っている。どっちかと言うと温泉プール的感覚?お湯の温度は場所によって違うので、丁度いいところを探してさまよう。バスクリン色の水はお肌にいいらしい。
f0053647_2127963.jpg
アイスランドでは見渡す限り溶岩にコケが生えている地面が続く。火山の国なのね。後ろの建物が1泊目のホテル。
f0053647_21275236.jpg
そして移動して首都レイキャビークへ。ホテルへチェックインしてから街歩き。建物かわいい。
f0053647_21283376.jpg

f0053647_2128467.jpg
そんなこんなで水を大量購入して(ラリーの癖?)この日2日目終了。
[PR]
# by xr_maru | 2012-11-13 21:38
エンジン閉まりません。事件
週末はおたラリーなのです。こないだの土日、どのバイクで行くか話し合いが行われ、旦那さんCRF。私、XR400か200ということに。そこで旦那さんのひとこと。
「あんたいつまで200はバラバラなの?というか時間あるんだから週末200で走るくらいの勢いで組み立てたほうがよいような・・・」
私:「そーですよね!!!」
というわけでXR200を組み立てようと言うことに。部品でガレージを占拠しているし。こんな感じで・・・
f0053647_2331047.jpg
ミッションのベアリングを打ち替えてオイルシールもプラスチック化していたので全交換。ミッションを組んで、キックも組み立てて閉まった・・・んだけど、隙間が何ミリか開いている。なんで?なんで??
部品を付け直したり、バラシてみたり、叩いて見たり・・・ひとりで大騒動すること3時間。外したベアリングと新品を比べて見ると、厚みちがうし!!パーツ番号の間違いが無いか確認したらちゃんと注文している。と言うことはパーツリストが違う?

こういうときは、XRディクショナリーのあの方に電話してみるに限る。(問い合わせた方々、お騒がせしました。)あの方のパーツリストには2つのパーツ番号が併記してあるらしい。一方は私が頼んだのと同じ番号。もう一方は
「メーカー違いやと思うんやけどねぇ~。」ということ。
だけどどうしようもないのでもう一方の番号を頼んで見ることにした。
で、来たのがこれ。
f0053647_2329341.jpg
f0053647_2329842.jpg
右は標準規格のベアリングで6006という番号。厚み13mm。
パーツ番号96100-60060-00
左は専用?とにかく規格寸法ではないベアリングSC0698。厚み11mm(←でもパーツリストには6006と書いてあるのでそれが間違い。)
パーツ番号91005-965-681 こっちをつけたら閉まった。
日曜日から大騒ぎしていたエンジンは正しいベアリングが手に入り、ようやくクランクケースが閉まったのでした。

不調だった2速は・・・思い当たったところと言えば、歯車が削れていること。ここはセットで新品に交換した。まだケースの右側を組んでいないのでなんとも・・・だけど、シフトドラムを回したかぎりではすっと2速に変わるので、調子よくなったのではないかと・・・
f0053647_23291325.jpg
おたラリー出発まであと2日。プー太郎でもギリギリにならないとやらないんだなぁ・・・私。
[PR]
# by xr_maru | 2012-11-07 23:29
ツーリングに行っただけなのに・・・
今朝はダルさで1日寝ちゃろうかと思った。昨日は旦那さんとQ4の3日目のコースを逆走してツーリング。八代まで行ってきた。KTMで行こうと思ったけど、先月のエンデューロで新品タイヤを付けたまま。まだひげ付きでもったいない!急遽XR400で行くことにした。久しぶりに乗ると、こんなに重かったっけ・・・途中で立ちゴケして、ガソリンをこぼしたものだからめちゃくちゃキックしたのだ。一人でおおごとしてエンジンをかけて・・・とまあこんなツーリングだったわけです。カメラを持っていったけどこの1枚だけ。旦那さんのほうが速い。こけたのは私だけ。2人だと走りっぱなし。普段からあまり撮らないのに撮る訳ない。折り返し地点の五木村の道の駅でご飯を食べて、帰ってきました。
f0053647_950105.jpg

で、こんなに重かったっけ・・・と1日思い続けた結果、200km走っただけなのにすごい筋肉痛。でも適当に乗っても走ってくれるいいバイクなんですよ。
[PR]
# by xr_maru | 2012-10-14 09:50
林道ツーリングへ行ってきた
旦那さんと2人でツーリングに出かけるのは2年ぶり?もっと?とにかくすごーく久しぶりなのだ。なかなか気持ちよい林道をちょっとだけ走ってきました。やっぱり夏は山の上に限る!
f0053647_22372079.jpg
帰りに林道の中で夕立に遭遇。ゴロゴロではなく、バリバリバリ。近い!怖いし。いままでチンタラ走っていたのにペースアップする旦那・・・
f0053647_22373747.jpg
そんなわけで林道の途中で避難中。この後、雷が少し収まったすきに林道を出て、公衆トイレに避難。雷がまた近づいてきたし・・・ここで30分くらい雨をやり過ごして帰りました。もうずぶ濡れです!メッシュジャージ着ていたので寒かったし・・・夏でよかった。そんなこんなで久しぶりの林道ツーリングでした。
[PR]
# by xr_maru | 2012-07-29 22:52


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧