Special Thanks







<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ダウンヒル2日目
1日目も書きましたけど、だんなさんの予想。前転骨折。私も同意でした。なぜなら春にセローで吹っ飛んだり、
長野でも思いっきり前転したり
しているから。どこか怪我するなら、いけると思って何かに突っ込んで前転するんじゃないかと。足の良いMeta様では余計に油断するのではないかと。

で、どうだったかというと事前の予想に反し?というか、こけるどころではないです。こけないように自転車を立てておくだけで精一杯。それでもラインを何回か外してスリップダウンしたんで、自転車はすごーく難しい乗り物です。当然ながらMeta様が何を言いたいのかはまったく理解不能です。走りながら遅い!と分かる。悲しい・・・

f0053647_2256733.jpg
前半の斜度がきついところは、ブレーキをかけてもすぐにスピードが戻ってくれるんだけど、後半の緩斜面のコーナーはとにかく難しい。カーブで失速して、最加速できない。途中でギアを変えるという技は持っていないのでスタートからゴールまで同じギアだし。技じゃなくて単に余裕が無いだけです。はい。重いまま漕ぐけどしばらくノロノロのまま。思わず右手をひねってしまいました。加速しない・・・

そんなわけでもう少しうまく走れるようになると面白いと思いますね。
次出るなら、せめて自転車さまの言い分くらいまでは聞けるようになりたいものです。

ちなみに乗り物が軽いせいか、筋肉痛はバイクの半分くらいです。ですが、ひざが痛い!ひざはニーブレースをつけずに走ったのが敗因です。普段、バイクに乗るときもニーブレースつけてないと後で大変なことになるのですけど、自転車もダメみたいです。でもニーブレースをつけて走るのもなぁ・・・とりあえず痛くなくなるまでお休みです。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-31 22:15
1日目終了
今週はダウンヒル大会に来ました。旦那さんの自転車で。旦那さんの予想は前転して鎖骨骨折。ですがまだ無事です。というかコースからはみ出さないので精一杯です。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-28 17:59
オフシャルをして学んだこと3(モンゴル人が作るからモンゴル味になる)
そのゾーモットで。無事に到着した夜はゆっくりとご飯。モンゴル人と牛肉を分け合って日本人はBBQ、モンゴル人は焼きそば?に。モンゴル人も同じところで調理したので観察しました。材料は、牛肉、たまねぎ、にんじん。そして1日目にあまったやきそば。牛肉を細かく切って、新しいほうの牛肉の脂を食べていいかと聞くので、油だけよ。というと本当に白いところだけたくさんとってました。私、捨てようと思っていたところなのに・・・で、まずフライパンでいためて、たまねぎ、にんじんのすりおろしたのも一緒に。そしてちょいと味をつけて蒸し焼きにしてました。途中を食べさせてもらったら既にモンゴル味。別なべで焼きそばをゆでて水を切って肉と合体。食べると完全にモンゴル味です。材料は全部日本食にも使うものなのに・・・・そして日本人の杉ちゃんの作ったBBQ&コールスローは日本の味がしました。
同じものから作ったのに不思議です。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-26 23:36
オフシャルをして学んだこと2(肉は生のままとっておけ!)
第一本部隊の担当は、1泊目バヤンホンゴル、4~5泊目ゾーモット、7泊目アタールでした。

バヤンホンゴルからゾーモットへ行く途中には都会は無いとのこと。そして牛肉も売っていないとのこと。羊のみというのもちょっとなー(完全に個人的な好み)と思ったら、モンゴル人に肉を買っていけと言われました。そんな事したら腐るよ!と思ったのですがモンゴルの人言うんだから本当かもしれません。で、バヤンホンゴルの撤収中にザハへ行って仕入れてきました。牛10kg。うち5kgはカチンコチン。冷凍です。これをトラックへ積んでゾーモットへ出発です。大丈夫なのか??

ゾーモットへは翌日の夕方着きました。早速牛肉をあけました。牛肉は昨日の昼仕入れたの(出発前に買ったやつ)と、前々日(バヤンホンゴルにキャンプした日の昼ですね)に仕入れたのと2種類。古いやつはビニールの中に血がいっぱいですがかろうじて腐っていない感じ。これはラリーが来るまで待っていたら腐りそうだったので、本部隊の夕ご飯に。焼肉用とモンゴル料理用に分けて食べました。

で、新しいほうの10kgは解凍されていたけど冷たいままでした。これは、モンゴル人スタッフに保存をお任せ。新聞紙にくるんで風通しの良いところに置いておくんだそうです。これがゾーモット2日分の肉です。(現地でヤギ肉も追加しました)
で、翌日。メニューはビーフシチューでした。昨日の肉は、表面がビーフジャーキーみたいに乾燥しています。
要するに、腐る前に乾燥してビーフジャーキーか生ハムになるということのようです。その部分を剥がすと、中はお肉。もちろん腐っていません。この日はビーフシチュー1なべとポトフ1なべを作りました。(材料は同じ)

で、翌日。この日はレストディです。食事班は朝から大忙し!オリアスタイからヘリで飛んできたエアコックの明神さんなしでは相当つらかったと思われます。
朝は昨日作ったポトフを温めます。半分くらい残ったのでこれは夜に・・・それと杉ちゃんお手製おでんの予定でした。しかし!夕方ポトフを温めようとなべを見ると沸騰していないのにフツフツ言っています。発酵???
食べてみるとすっぱい!腐ってるし!!!そんなわけでこの夜のメニューは一品少なくなってしまったのでした。

翌朝、ゾーモットの撤収のときに少しだけ残っていた牛肉はまだ腐っていませんでした。
肉って火を通すと早く腐っちゃうんですね。モンゴルに行かなかったら一生知ることが無かったと思われます。
でもきっとモンゴルの保存方法を日本で試したらあっという間に腐ってしまうんでしょうね。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-24 22:03 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして学んだこと1(抜けないスタックはない)
第一本部隊は1日目のキャンプ地、バヤンホンゴルからゾーモットヘ移動でした。片付けも終わってバヤンホンゴルへ向けて移動を開始したのは15時過ぎ。道はドライバー任せだったのですが、メインピストからどう見ても外れていきます。うーん、私だったらこんな走り方はしないな。と思いつつしばらくいくと道をたずねたり。そして通りがかったゲルで休憩。こうなったら1時間は動きません。そして道を確認して出発。でも、物資を積んでいるトラックはその場でスタック。パワーが足りないと点火タイミングを調整して、みんなで押したら走り始めました。

ですが、その先も道はフカフカピスト。ダイジョーブか??

私の乗っていた、ロシアンデリカは先行して道探し。明らかにピストはフカフカMax!250CCのバイクでもここはキビシイぞ!!(通過はできます。でも6速では無理ですねぇ)と思っていたら、ロシアンデリカもスタック。4駆に入れました。そこは通過して戻ってみると今度はピスト上でトラックがスタック!

で、トラックは掘って掘って一度は抜けたんですが、そこから引き返すためにUターン。傾斜の下がっているほうにターンしてそれから道に戻ろうとのぼりの方向へハンドルを切って・・・スタック。
またまた掘って掘って、脱出・・・そしてまっすぐ行ってスタック!うーん。これは抜けるのでしょうか??
すでにスタックして数時間。(私は途中で寝ていたので、もっと大変だったんだと思う・・・)

で、いよいよ抜けなそうなところにスタックしてしまい、全員で押してもすぐスタック。掘って数メートルでスタックの繰り返し。嫌がるドライバーを無視?して空気を抜き、それでもダメ。おいおい。今日はここでビバークか??と心の中で思っていたら、なんと荷物を降ろそうとのこと。
その手があったか!それでダメなら放置か??

そんなわけでタイヤやら、発電機4台やら、半分くらいの荷物を降ろしてタイヤの後には石を詰めてみんなで一生懸命押しました。脱出!でもピストは数メーター上を走っています。ここに戻るのが難関なわけです。上り坂ですからねぇ。でも荷物を降ろして軽くなり、ちゃんとラインを下見したらあがりました。スタックして6時間超。ようやくトラックは元のピストに戻れたのでした。

でもこの道の入り口でもスタックしてたやんか・・・行くもダメ戻るもダメ。そんなわけでロシアンデリカで再び道を探して、結局最後の砂場を越えたのは深夜1時ごろ。

今後、バイクでスタックした位なら、絶望を感じることは無いんじゃないかと思いました。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-22 14:21 | Rally Mongolia2010
ただいま。
えー、今年も帰国時におなかを壊してしまい風邪も重なって、昨日まで寝込んどりました。毎年あたっていると、どこがポイントか分かってきました。

本部隊食事班って大丈夫なんだろうかと思いながら行きましたが、行ってしまえばどうにかなるものです。といっても皆さんのヘルプなしでは無理でした。今回は初めてであまり余裕がなかったのですが、次行ったら、もっと楽しめると思います。ようやく最終日で要領が分かってきたといいますか、私のラリーのリズムもできてきました。それまではなんだかドタバタやっているだけで何にも進んでない。といういつもの光景だったし。
とにもかくにも大会中に大きな事故も食中毒もなく終わってよかった!よかった!!

それから・・・
新品だった靴は初日から洗い場の池に落ちてクシャクシャになりました。
ご飯の炊き方が最後までうまくなりませんでした。皆さんごめんなさい。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-20 21:25 | Rally Mongolia2010
モンゴルの準備も佳境です
昨日、こま図が到着していました。昨夜はふーたんもやってきてコマ図貼り大会。でもコーションとかをチェックしただけで暑さにやられて貼ったのはごく一部。今日帰ってみたら、だんな様は冷房の効いた部屋で貼り貼りしていました。もう終わったようです。さて、私は今から持っていくものの準備だ。まずはバケツの捜索から。

f0053647_222753.jpg今回行くにあたって購入したものその2 。トレールウォーキングシューズ。足首の虫刺され対策と北のほうは寒そうなのでくるぶしまである靴を買いました。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-03 21:46 | Rally Mongolia2010


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧