Special Thanks







<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
前転のときにつけてたGPS
モンゴルの荷物10日ほど前に引き取りに行きました。で、今日ようやく開封してみました。そしたら出てきました。1日目に前転したときのGPS。思ったよりひどい破壊のされ方でした。
f0053647_21245049.jpgパカっと開いてます。そして裏半分は折れてしまいました。

f0053647_21253434.jpgこれを見て電源入れるのを諦めました。基板とその上のICが壊れています。うーんさすがにここまで壊してしまうと動きませんね。ついでにアンテナも電池のカバーもどっかいっちゃったし・・・

今年はGPSの破損率が高いような気が・・・でもこのGPS本当に丈夫なんですよ。妹さんのヤツはパカって開いたのに動いていたし。振動とかには強いと思う。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-29 21:27 | Rally Mongolia2009
ラリーモンゴリア 番外編
f0053647_22403469.jpg飛行機でチェーンもって行って現地で交換。失敗したらと思うと超緊張。オススメはしません。いえ、整備が間に合わなかったものですから・・・

f0053647_2243758.jpgスタートのカウントを待つのもつらいんですよ・・・足がつりそう・・・

f0053647_2242132.jpgどこかわからない・・・何してるのかもわからない・・・

f0053647_22444019.jpgオフシャル果樹ゑちゃん。おいしかった。

f0053647_22452261.jpg朝、片付け苦手。時間に追われるのも苦手。朝は一番の難関。

f0053647_22481883.jpgカワムラさんとマシーン。小さいのに結構やる。

f0053647_22455917.jpgフジカワさんとカワムラさん。チームボトムラインかな?この2人を見るとなぜかほっとした。私にとっては癒し系?


photo サテンさん、500grせんせ
[PR]
by xr_maru | 2009-10-28 22:49 | Rally Mongolia2009
ラリーモンゴリアその10 (ETAP8)
今日は最終日。50キロ先にはゴールだ。昨日早く寝たからか今日の寝起きは良い。

f0053647_2157566.jpgスタートして数キロの水溜りで転ぶ。表面がぬるぬるのところ。全然こけるつもりじゃなかったのにつるんと。痛かったろっ骨が余計に痛くなったが、折れてはいないようだ。最終日にこんなことをやっている場合ではない。慎重に行かねばならないのだ。バイクを起こしてもらい、再出発。しばらく行くと塙、エンフトル組みのランクルが止まっていた。最終日だと言うのにトラブルだ。私が通るのにまだいると言うことは、深刻だ。気にはなるが、私がいたところでまったく役に立たないので先に行くことにする。その先のGPSポイントが合わない。キロ単位でずれているが、コマ図は合っているのでそのまま進むことにする。
今日のコースは本当に走りにくい。ギャップや水溜りがいたるところにある。もうこけるのは嫌なのでゆっくり慎重にギャップと水溜りをよけて走る。そんなことをやっているものだから、KSRの河村さんに抜かれてしまった。ああ、今日も110ccのバイクに・・・そんな事いってももうこけたくないのだから仕方がない。

ウランバートルに近づくにつれて道が入り組んでくる。そしてトラックの交通量が多くなってくる。慎重に追い抜きながらゴールへ向かった。ゴールの手前数キロは、道が複雑な上にトラックだらけ。これは危ないのでトラックの後を付いていった。それにしても排ガスが目にしみる。ゴールに着いたのはびりから2番目。でも完走できたのでよしとしよう。

ラリーで走るのが一番つらいのはスタートすぐ後の都市の中とゴール近くの都市の中かも知れない。足が届かないので本当に大変なのだ。パレードでは、途中まで順調に進んでいたがホテル手前の渋滞がひどく本当に足が・・・

f0053647_2261692.jpgチンギスハーンホテルではすでに式典の準備が出来ていた。ようやくフィニッシャーズメダルをもらった。

と言ってもここから先も大変だ。ウランバートル市内を抜けて洗車屋さん⇒コンテナヤードへの移動が待っている。道路工事の影響でここでも大渋滞。後ろにいた池田さんがいろいろと助けてくれてどうにか洗車屋さんにたどり着いた。洗車は待っていればやってもらえるので、しばし休憩。壁ぎわで昼寝の時間になった。
そしてコンテナヤードへバイクを置いてホテルへ。

ホテルに着いたら荷物はすでに着いていた。部屋に運び込んで、早速シャワーである。ハラホリンで浴びれなかったので8日ぶりのシャワー。気持ちいい。それが終ったら一眠りして夜の街に繰り出す。行ったビアホールはラリーご一行様に占拠されていた。
そんなこんなで時に痛かったり、辛かったり。終ってみれば楽しいラリーだった。

今回も菅原さん、フジカワさん、スガワさんなど多くの人にコース上でそしてメカニックのセンセにはとてもお世話になった。全てを一人でやると言うのはとても難しいと言うことを再認識した。皆さん本当にありがとうございました。


まとめ
2002年に初めてモンゴルのラリーに出たとき、ライディングもナビゲーションもメンタルも全てがダメすぎて自力でラリーを完走できる日は来ないんじゃないか思っていた。2005年にしても自分の力ではとても完走できなかった。でも3度目のモンゴルにして、何をどうすれば完走できるのかわかってきたような気がする。何があっても、やるべきことを一生懸命やることが大事なんだ。こんな何でもない事を気付くのに7年もかかってしまった。もう大丈夫。進むべき道を周りに流されずに探せるようになった。次はレースが出来るようにがんばろう。

今年のモンゴルはこれでおしまい。
f0053647_227399.jpg
Photo 500grせんせ
[PR]
by xr_maru | 2009-10-28 21:53 | Rally Mongolia2009
パケット代が高かったわけ
3ヵ月ほど前、ケイタイの機種変更をしました。モンゴルに行く前に新調しようと思って。電話が国内専用でモンゴルで使えなかったというのは書きました。まあそれはいいのです。で、この2ヶ月、ケイタイの請求が異様に高いことに気付きました。それもパケット代が。だいたい私、携帯でメールをするのが苦手。webもほとんど見ないので、定額プランなんか必要ありません。多くて月に500円程度。それが機種変更をした後から7000円以上。原因が分からずなるだけメールしないように気を付けようなんて思っていました。気をつけたのに今月も3000円。ナゼ?
昨日、やっと原因が分かりました。それはメールの全文受信がデフォルトの設定になっていること。ここ数ヶ月たくさんの迷惑メールが来ました。それをすべて受信して無駄なパケット料金を払っていた訳です。前はヘッダーだけ受信する設定がデフォルトだったのに。
ソフトバンクの陰謀に見事に引っ掛かったのか、パケット定額がいらない化石のようなユーザーだからなのか、はたまた店員さんがうっかり言い忘れただけなのか?
ほとんどの方はパケット定額でしょうから関係ありませんがまあこんなことがありましたと言うことで。

料金を分析したついでに不要なオプションはすべて外しておきました。これで来月からは元に戻るはず。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-27 09:19
初めての献血
今日は自転車に乗るつもりが雨。乗っても楽しそうじゃないので免許更新に行くことにしました。今回は、120分講習だったのですよ・・・免許センターへ行ったときに献血バスを発見。中学生のころよりずっと貧血と言われ、たまに病院に通っていた私には一生縁がないと思っていました。が、2年ほど前に入院して血液検査をしたときに、正常デスね。とお医者さん。ん?貧血は??と思ったんですが、後で頂いた結果を見たらまったくの正常値。
帰ってきてしばらくたって献血に興味が出てきました。最近、献血ルームの近くを通ることがあったのですがなかなか入る勇気が・・・。
今日、たまたま行った免許更新で献血バス。私、こういう偶然に弱いのですよ。これは神様が献血しろって言っているんだ。と運命を感じてやってきました。比重の検査もちゃんとパス。「400ccお願いします。」とお医者さん。
そうして無事に初めての献血は終ったのでした。

まあ、いつケガをするかわからない趣味かなと思うので協力できるときにしておこうと思ったしだいです。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-25 19:54
ラリーモンゴリアその9 (ETAP7)
f0053647_22431147.jpg朝起きると、昨日の嵐が嘘のような晴天だ。これは行かない理由はない。しばらくするとカミオンバレーに乗っただんなさんが帰ってきた。昨日のカミオンバレーとCP隊は徹夜で行方不明や動けない選手の捜索だったようだ。予想外の天候は選手以上にオフシャルさんが大変だったようだ。
昨日のCP2から後はキャンセルになったらしく、カミオンバレーに乗って帰ってきたKSRの河村さんもスタートできるようだ。

SSのスタートは45km先。ずっと舗装路だ。そこに11時集合となった。なんだかんだとやっているとスタートしたのは10時過ぎ。ゆっくり走っていたけど、気付けば急がないと間に合わないではないか・・・少しエンジンが調子が悪いのが気になるが、急いで走った。到着してすぐにトップがスタートしていった。
スタート地点の駐車場で荷物を縛りなおして軽くバイクをチェック、フジカワさんのICOは相変わらず動かないらしい。一緒に行くことにした。

SS1は137km。北に上がってきたといってもまだまだ暑い。最初は比較的走りやすいピスト。でも80km付近の村の手前へ差し掛かってびっくりした。湖?村の手前のピストが水没している。そこは道と言うより湖。本当に広大な範囲が水につかっている。ピストを外してもそこは粘土質でポコポコとギャップがある走りに路面だ。あっという間に滑ってこけた。そこからはバイクを降りて押す。水没しているピストに出るまでに何回かバイクを倒した。フジカワさんが助けに来てくれた。それから先もマディーは1キロくらい続いたように思う。途中には、泥に埋まって放置されたトラックがあった。沼地帯で立ち往生している最中に、KSRの河村さんに越されてしまった。しまった。KSRに越されるなんて・・・でも、モンゴルで唯一、KSRがうらやましいと思った瞬間だった。その先、村を越えて、丘を登るとそこはCPだった。

CPを出て川渡りが数コマ先に見えた。さっきの湖を考えるとちょっと心配したが、増水はしていないようだった。その先も大きな水溜りがあったが、ピストを外れたり、隣のピストに移ると問題なく走れた。問題というとたまによけ損ねた水溜りに飛び込んで汚れること位か・・・。SSも終盤に近づくと、路面は水溜りの心配というよりフカフカの砂のピストになった。砂も苦手だけどマディーほどではない。無事にSSゴールのCPまでたどり着いた。

SS1を終えると55kmの舗装路のリエゾン。途中給油をして、そのGSでランチパックを頬張り、トイレを済ませる。気になっていたオイルの量を確認すると、ものすごくたくさん入っていた。アッパーラインをはるかに超えている。確認したはずなのに・・・まあ入っていないよりましだ。バイクはさっきのSSで泥まみれなのでオイルを抜くにも時間がかかってしまう。このまま走ることにする。このGSに着いたのは15:00。あと残り200km。30分休憩しても順調に行けば19:30にはキャンプに着くはず。まだ明るいはずだ。

SS2のスタートまで行くとチェックカードを預けて30分の待ち時間があるそうだ。しまった。GSじゃなくてここでランチパックを食べるんだった。30分待てばスタートは16時。キャンプに着くのは20時。パンク1回で日暮れギリギリだ。今更どうしようもないのでゆっくり休むことにした。

スタート時間が近づいたのでスタートラインへ行くと、オフシャルさんが一言。
「ナビゲーション難しいらしいよ」
このSSが終ったら明日の50キロを残すだけ。とすっかり気が抜けていたが、この一言で元に戻った。スタートしてしばらくは順調だった。それにしてもこのSSは面食らった。長い草の間をピストが走っていて、とにかくミスすると隣のピストが見えない。当然GPSで走行するなんて出来そうも無い。分岐を間違えると大事だ。

36.99キロのかれ川を渡った先の分岐がわかりづらかった。左のピストを進まなければならないはずなのだが左のピストははじめ気付かなかったくらい薄くてわかり辛いピストだ。取り合えずGPSの方向はメインピストの方向だしまっすぐ行ってみる。次の分岐は5キロほど先でGPSポイントだ。
3キロほど進むとGPSは横を向きはじめた。やっぱし薄いピストが正解だったんだ。後ろのフジカワさんに間違えたことを伝えてさっきの分岐まで戻る。そして細い道へ。入り口はえっと言うくらい薄いピストだがすぐにハッキリとしたピストに変わった。さっき越されたはずのサテンさんにもう一度越された。どうやら同じところを間違ったようだ。

その後も草の中のピストがCP1まで続いた。この日ミスコースした人たちはどうやってリカバーしたのだろうか。ふしぎでならない。
CP1ではレイドモンゴリアの皆さんと遭遇。遅すぎて一度も会えなかったのだ。そして、昨日帰ってこなかった福沢さんとサルールさんもいた。この二人もCP2を通過していたので、リタイヤにはならずSS2から走っているそうだ。サルールさんはナビ周りが完全に壊れたらしく、つれて帰ってほしいとの事だった。後ろから着いてきてとゼスチャーして出発した。

CP1の先はナビゲーションは少し簡単になった。124キロでいきなり大きな舗装された橋にびっくり。今までのピストとは不釣合いのサイズの橋だ。ここは将来幹線道路になるのだろうか。
橋の先のGSを右に行くのだが、絵に描いてあるピストより実際のピストは1本多いように思える。右なのだがどっちが本当わからない。とりあえず。2本とも行ってみてGPSポントへ向かっているほうを選んだ。サルールさんは先に行った方々の後を付いて行ったらしくいなくなってしまった。

もう少し先へ行くと#12高見さんが逆走してきた。こっちですよ~。とご案内するとあっという間にいなくなった。高見さんと鬼頭さん。この二人はコース上でよく会った。

160キロ付近で鬼頭さんがバイクを修理していた。声をかけてみるが、深刻なトラブルではなさそうだ。先へ行くことにした。
この辺りまで来ると風景も良くてフラットでいい道。昨日の雨のせいでしょっちゅう水溜りをよけたり、よけ損ねてドロドロになったりしなければならないが今日もちゃんと帰れそう。
先ほど先へ行ってしまったサルールさんは置いていかれたのか前方から現れた。一緒に行くことにするが、私のペースでは遅すぎるらしい。ちょっと先を走っているけど見えなくなったら待っている感じ。」

今日の最後の難関は、ゴールの直前にあった。マディーだ。雨のおかげでピストがどろどろ。先に行ったサルールさんがこけてバイクを押していた。一緒に走っていたフジカワさんは他のルートを探して陸のほうへ消えていった。でも、アタックしてるような音がする。どっちに行ったほうが簡単なんだろうか・・・結局ドロドロのピストを少しづつ押して行った。

今日も無事にゴール。残すは50キロ。何とかゴールできそうだ。

荷物が届いていなかったがお腹は減る。ペットボトル食器にて食事。ヒジキの煮付けには感動した。日本食はやっぱりおいしい。ご飯がおいしくておかわりを何回かお願いした。
f0053647_22445256.jpgf0053647_2249794.jpg
夕食の後、だんなさんのレントゲン撮影が行われた。骨折・・・とのこと。とりあえずの添え木を作ってもらったが、ここは現場。杖などはない。その辺りにいる人が杖のようだ。
f0053647_22522886.jpg
f0053647_2254689.jpg

この日の整備はセンセにオイルのチェックをしてもらった。
そして、昨日の午前様で眠い・・・荷物が着いてテントを建てたらもう眠い。この日の就寝時間は22:00、。明日は最終日。50キロ確実に・・・がんばろう。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-24 22:42 | Rally Mongolia2009
メイド服を洗いました
月曜日の深夜に戻ってきた我が家。ウエアを洗濯しなければ恐ろしいことになります。と言うことで、昨日の夜、荷物を開けました。一番上に入っていたのは・・・・メイド服。そうですね。あなたも洗濯しないといけませんね。さすがにウエアと一緒に洗濯機でガシャガシャやるのは気が引けたので風呂場で手洗いです。エマールで洗うと汁は真っ黒でした。15分くらいで黒い汁は出なくなったので完了。脱水してから干そうと思ったのですが・・・これを見た老人ホームの方々は倒れたりしないだろうかと心配になりました。(洗濯物干し場の向かいが老人ホームなので)それともあそこの人、コスプレが趣味なの?とか思われるんじゃなかろうかとか・・・結局外に干す勇気は無く、脱衣所で乾かしています。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-21 20:33
ツーリング
この連休はみずけん隊長がドゥカティもって遊びに来ていました。日曜日に佐世保バーカーを食べに行くと言うので私も行くことにしました。そして最近WRを購入した妹さんも。だんなさんも行きたそうだったのですが、高速が走れるバイクはセローのみ。それで地元でお世話になっているバイク屋さんに電話したらVTZ250が借りれることになりました。メンバーは4人。だけど、だんなさん、引越しの手伝いに行くことになって脱落・・・

当日。せっかくなので私がVTZで♪なんだか懐かしいわ。昔このバイク、良く借りて乗っていたのよね。高速はドカは先に言ってもらってWRと2台でゆっくり。途中、金立のサービスエリアで休憩して佐世保に着いたのはお昼前。
ここで事件が!WRのクーラントが漏れ漏れ。とりあえずバーガーを食べて、冷えるのを待つことに・・・

で、冷えてラジエータのふたを開けて、水を足してみると、ジャー。漏れてる。足しても足しても、ジャーーー。これは帰れません。
みずけん隊長はこのままツーリングを続けてもらって、私と妹さんはVTZに二人乗りでクルマと取りに戻ることに・・・VTZに二人乗りで高速、もうありえません。加速は鈍いし、車体が小さいので大変。バイクにしがみついていないと落ちそうです。それでも私、後ろで居眠りしていましたけど。。。途中サービスエリアで休憩すると周りはリッターバイクだらけ。250ccのバイクに女子二人乗り。おそろのウエア。もう痛くて仕方がありません。
そうやって家に着いたのが15:00ごろ。ここまでで行程の半分です。今からもう1往復。

工事で大渋滞になっていた菊水IC以南を避けるため、菊水ICまではした道です。今度は助手席で寝ていて(40分ほどだったらしい)記憶なし。鳥栖JTCを過ぎて運転を交代して現地に着いたのはすっかり暗くなるころ。WRは無事に回収できました。そこから先、あと170km高速道路を移動です。もうこのころにはおかしくなっていて、どこまででも走れそうでした。そんなわけで家に着いたのは21:15。ミズケン隊長もすでにご帰宅でした。
出発前に今日のマキシマムタイムは22:00と言っていたら本当にそんな設定になってしまいました。

680km。長崎2往復は長かったです。

さて、そのWR、ラジエーター交換してくれることになったそうな。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-13 12:16
妄想
f0053647_2347374.jpgこれは今、設計している機械に使う部品だそうです。部品を空気の力で運びます。こないだこれが使えるかどうかのテストをやりました。これにホースをつけて部品を吸うのですがこれが面白い!ものすごい勢いで部品が飛んでいきます。もちろん箱を用意して飛び散らないようにはしていますが・・・

ブレストガードをつけてヘルメットつけてゴーグルしてみんなで戦争ごっこしたら超楽しそう。と思ってしまいました。弾はペットボトルのふたあたりで・・・難点はエアが大量に必要なのでアンビリカルケーブルみたくエアホースを引きずらないといけません。
大会なんかあったら、オレのガンは口径何ミリでエア穴をセッティングしたらXXメートルとぶんだぜ。なんて会話も・・・

そしてこの部品の名前、ワンダーガンです。ネーミングにもはまりました。
仕事中にこんなことばっかり考えているダメ社員な私です。

f0053647_23482385.jpgこれが箱
[PR]
by xr_maru | 2009-10-02 23:54
車検
f0053647_23431053.jpg今月初めにハイエースの車検受けました。ハイエースの腹、初めて見ました。リコールにも持って行ったし、タイミングベルトとタイヤも新品に換えたし、ブレーキパッドも新品。これでしばらくがんばってくれるでしょう。それにしても、リアの車軸を支えているUボルトが意外に細いのにビックリ。
[PR]
by xr_maru | 2009-10-02 12:09


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧