「ほっ」と。キャンペーン
Special Thanks







カテゴリ:Rally Mongolia2010( 11 )
オフシャルをして学んだこと5(ブルーシート泊)
今まで私、モンゴルに行っても絶対にテントで寝ようと思っていました。ブルーシートで寝ている人たちを見るとなんだかホームレスのような感じがして、人間としてブルーシートで寝てはいけないと思っていました。

食事班の仕事が終わるのは大体午前3時~4時の間。大体2時~3時くらいに最終走者が帰ってきてご飯を食べます。そのころには既に朝食用のホットケーキ製作全盛の時間です。
最終のエントラントが来るころにはキャンプはめちゃめちゃ寒いのでテントに机を入れてご飯を食べてもらっていました。もちろんオフシャルたちも。で、そこでお話したりして寝るのが3時~4時の間です。(要領がわかんなかった1日目はもっと遅かったけど。で、起きるのは大体5時から5時半。

そうなるとうーん1時間ちょっとか・・・テントを建てて中を整理してetc・・・おい!寝れないし。うーんテントは立てられないよね。そこで登場するのがブルーシート。私のはテントのグランドシートなのでブルーではないですが。食堂テントに敷いて、エアマット敷いて、シュラフに入って上にも巻けばあったかい!おまけに食堂で寝るので寝過ごす心配もなし。

そんなわけで必要に迫られてブルーシートデビューしてしまったのでした。多くのオフシャルさんが食堂テントで食材の隙間にブルーシートにくるまって寝ているわけが分かりました。

でも日本でやると相当怪しいと思うのでモンゴルのオフシャル限定にしようと思います。
[PR]
by xr_maru | 2010-09-14 23:15 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして気づいたこと2(オフシャルのほうがドロドロ)
ラリーでお風呂に入れないことは多いですよね。オフシャルももちろんそう。たまにお風呂に入るチャンスがあるらしいのですが今回は残念ながらなし。だから8日+1日(スタートの前日に出発したからですね)お風呂なしでした。もちろん気持ち悪いのですけど、お風呂に入れたときは快感!!ホテルに着いてさっそくお風呂♪♪ホテルは大浴場もあるけど、ご飯の集合時間が40分後だったので荷物の整理なんか考えると、部屋のシャワーがギリギリだー!大浴場を楽しみにしていたのに残念・・・
でも、楽しみなシャンプーの時間です。泡立たない。ここまでは良くあること。で、とりあえずシャンプー1回目を流しながら見たものは・・・カフェオレ?2回目・・・薄い味噌汁?あんまりやっていると集合時間を過ぎそうだったのでとりあえず透明汁になった4回目で許してあげました。
ライダーの時のほうが明らかに洗い汁はきれいです。

ヘルメットをかぶっていないので砂嵐の砂を髪の毛に見事に吸収してしまうようです。今年は砂嵐によくヒットしたのでこんな頭になってしまったのではなかろうかと思います。次、オフシャルで行くときは何か頭のに巻くものも追加です。
[PR]
by xr_maru | 2010-09-10 22:23 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして気づいたこと1(モンゴル料理にあたるひと)
私は羊が嫌いというのは前から公言しているとおりです。でも今年行ったら羊だけではなくてヤギも、牛も。とにかくモンゴル料理がダメということに気づきました。おなかの調子が悪くなる。受け付けない。
最近(SSERに行った時ですけど)モンゴルのオフシャルの中に同じ体質?の人を見つけました。高知のYさん。この方は第2本部隊だったのですが、どうやら初日からお腹の調子が悪かったようです。ついにはウランバートルに帰還直後に寝込んでしまいました。

f0053647_23414654.jpg話を聞くと共通点が。それは、高級牛肉があまり食べれないということ。さしのたくさん入った牛肉、おいしいのですがたくさん食べれないのです。(金銭的には年に1回も食べれませんけどね)3切れ目くらいから油が辛抱たまらなくなってきます。それでも食べていると夜、消化しきれずに戻してしまうという結末に。その後、あー高級牛がもったいない・・・と後悔するのですが、仕方ありません。(写真はイメージですが、この肉だと1/3でKOですね)

でオフシャルのYさんも同じことを言っていました。
「牛肉というよりどっちかというと豚にしてという感じ。」とか
それをうんうんと大賛成する私。

そこで気づきました。そうか、モンゴルでは肉の脂にやられてるんだ。そう考えればガッテンです。
高級牛の脂とモンゴル肉の脂がイコールで結ばれたことに軽くショックを受けながらも、モンゴル料理が嫌いな訳が分かって分かってちょっとうれしい私でした。不思議なことにサラダ油とかごま油とかはけっこう好きです。

今年はモンゴル出発前夜に高級肉を食べすぎてしまい(自腹じゃなくておごってもらった)、日本にいるのにおなかを壊しました。そのままフラフラとモンゴルへ行ったのですが、ホテルでモンゴル肉の先制パンチ。それで気分が悪くなって、そこから先の食堂でもダメ。最終的には、ランチパックの残りで生き延びていました。今度行く時は缶詰をたくさん持っていこ。

高級牛肉を受け付けない方、モンゴル料理にはご用心を。
[PR]
by xr_maru | 2010-09-09 23:57 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして学んだこと4(炊飯器は最強のクッカー)
これまたゾーモットでの話。レストディのお昼ごはんはカップラーメン。前日までの様子から、コールマンの2バーナーだけじゃお湯が足りそうにありません。うーん、どうしたものか・・・杉ちゃんは近くのゲルに業務用コンロがあったから沸かしてもらいに行ったほうが良いよ。と言っていました。でもこれはガスが切れたらしく断念。
コールマンの2バーナーで沸かそうとすると10Lで30分以上はかかります。うーんこれでは間に合わん。で、本部隊長やら、杉ちゃんやらが、炊飯器で沸かしたら?と。どっちが早いんだろう。みんなが寝静まった深夜(みんなじゃないですね。ビューティーな皆さんが帰ってきたころです)実験君♪です。
炊飯器に水6L、やかんに水6Lでよーいどん!2バーナーはしっかりポンピングして気合の入った状態です。

30分後、まず炊飯器から湯気がでました。あけてみると沸騰。数分後、2バーナーも沸騰しました。最強と思っていたコールマンより炊飯器が早い!これは明日の湯沸しの主力は炊飯器決定です。

で、レストデイ当日。コールマンも調理に使わない空いている間は全開で湯沸しですが、炊飯器も朝ご飯が終わると早速湯沸し。昼までに3回ほど沸かして、午後も3回ほど。とにかくご飯を炊くとき以外はずーっと湯沸しです。
そして・・・杉ちゃんが仕入れてきた120個の卵。おでんにするんですが、コンロが足りません。えーい!これも炊飯器でゆで卵にしよう!水と卵を120個いっぺんに入れてスイッチオン!湯気が上がって10分ほど放置します。あけてみると立派にゆで卵になっていました。
この調子で行くと、カレーもシチューも炊飯器で作ったほうが早いかもしれません。問題は・・・容量かな。

そんなわけで、炊飯器はご飯を炊く以外にも大活躍でした。
[PR]
by xr_maru | 2010-09-01 21:01 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして学んだこと2(肉は生のままとっておけ!)
第一本部隊の担当は、1泊目バヤンホンゴル、4~5泊目ゾーモット、7泊目アタールでした。

バヤンホンゴルからゾーモットへ行く途中には都会は無いとのこと。そして牛肉も売っていないとのこと。羊のみというのもちょっとなー(完全に個人的な好み)と思ったら、モンゴル人に肉を買っていけと言われました。そんな事したら腐るよ!と思ったのですがモンゴルの人言うんだから本当かもしれません。で、バヤンホンゴルの撤収中にザハへ行って仕入れてきました。牛10kg。うち5kgはカチンコチン。冷凍です。これをトラックへ積んでゾーモットへ出発です。大丈夫なのか??

ゾーモットへは翌日の夕方着きました。早速牛肉をあけました。牛肉は昨日の昼仕入れたの(出発前に買ったやつ)と、前々日(バヤンホンゴルにキャンプした日の昼ですね)に仕入れたのと2種類。古いやつはビニールの中に血がいっぱいですがかろうじて腐っていない感じ。これはラリーが来るまで待っていたら腐りそうだったので、本部隊の夕ご飯に。焼肉用とモンゴル料理用に分けて食べました。

で、新しいほうの10kgは解凍されていたけど冷たいままでした。これは、モンゴル人スタッフに保存をお任せ。新聞紙にくるんで風通しの良いところに置いておくんだそうです。これがゾーモット2日分の肉です。(現地でヤギ肉も追加しました)
で、翌日。メニューはビーフシチューでした。昨日の肉は、表面がビーフジャーキーみたいに乾燥しています。
要するに、腐る前に乾燥してビーフジャーキーか生ハムになるということのようです。その部分を剥がすと、中はお肉。もちろん腐っていません。この日はビーフシチュー1なべとポトフ1なべを作りました。(材料は同じ)

で、翌日。この日はレストディです。食事班は朝から大忙し!オリアスタイからヘリで飛んできたエアコックの明神さんなしでは相当つらかったと思われます。
朝は昨日作ったポトフを温めます。半分くらい残ったのでこれは夜に・・・それと杉ちゃんお手製おでんの予定でした。しかし!夕方ポトフを温めようとなべを見ると沸騰していないのにフツフツ言っています。発酵???
食べてみるとすっぱい!腐ってるし!!!そんなわけでこの夜のメニューは一品少なくなってしまったのでした。

翌朝、ゾーモットの撤収のときに少しだけ残っていた牛肉はまだ腐っていませんでした。
肉って火を通すと早く腐っちゃうんですね。モンゴルに行かなかったら一生知ることが無かったと思われます。
でもきっとモンゴルの保存方法を日本で試したらあっという間に腐ってしまうんでしょうね。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-24 22:03 | Rally Mongolia2010
オフシャルをして学んだこと1(抜けないスタックはない)
第一本部隊は1日目のキャンプ地、バヤンホンゴルからゾーモットヘ移動でした。片付けも終わってバヤンホンゴルへ向けて移動を開始したのは15時過ぎ。道はドライバー任せだったのですが、メインピストからどう見ても外れていきます。うーん、私だったらこんな走り方はしないな。と思いつつしばらくいくと道をたずねたり。そして通りがかったゲルで休憩。こうなったら1時間は動きません。そして道を確認して出発。でも、物資を積んでいるトラックはその場でスタック。パワーが足りないと点火タイミングを調整して、みんなで押したら走り始めました。

ですが、その先も道はフカフカピスト。ダイジョーブか??

私の乗っていた、ロシアンデリカは先行して道探し。明らかにピストはフカフカMax!250CCのバイクでもここはキビシイぞ!!(通過はできます。でも6速では無理ですねぇ)と思っていたら、ロシアンデリカもスタック。4駆に入れました。そこは通過して戻ってみると今度はピスト上でトラックがスタック!

で、トラックは掘って掘って一度は抜けたんですが、そこから引き返すためにUターン。傾斜の下がっているほうにターンしてそれから道に戻ろうとのぼりの方向へハンドルを切って・・・スタック。
またまた掘って掘って、脱出・・・そしてまっすぐ行ってスタック!うーん。これは抜けるのでしょうか??
すでにスタックして数時間。(私は途中で寝ていたので、もっと大変だったんだと思う・・・)

で、いよいよ抜けなそうなところにスタックしてしまい、全員で押してもすぐスタック。掘って数メートルでスタックの繰り返し。嫌がるドライバーを無視?して空気を抜き、それでもダメ。おいおい。今日はここでビバークか??と心の中で思っていたら、なんと荷物を降ろそうとのこと。
その手があったか!それでダメなら放置か??

そんなわけでタイヤやら、発電機4台やら、半分くらいの荷物を降ろしてタイヤの後には石を詰めてみんなで一生懸命押しました。脱出!でもピストは数メーター上を走っています。ここに戻るのが難関なわけです。上り坂ですからねぇ。でも荷物を降ろして軽くなり、ちゃんとラインを下見したらあがりました。スタックして6時間超。ようやくトラックは元のピストに戻れたのでした。

でもこの道の入り口でもスタックしてたやんか・・・行くもダメ戻るもダメ。そんなわけでロシアンデリカで再び道を探して、結局最後の砂場を越えたのは深夜1時ごろ。

今後、バイクでスタックした位なら、絶望を感じることは無いんじゃないかと思いました。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-22 14:21 | Rally Mongolia2010
ただいま。
えー、今年も帰国時におなかを壊してしまい風邪も重なって、昨日まで寝込んどりました。毎年あたっていると、どこがポイントか分かってきました。

本部隊食事班って大丈夫なんだろうかと思いながら行きましたが、行ってしまえばどうにかなるものです。といっても皆さんのヘルプなしでは無理でした。今回は初めてであまり余裕がなかったのですが、次行ったら、もっと楽しめると思います。ようやく最終日で要領が分かってきたといいますか、私のラリーのリズムもできてきました。それまではなんだかドタバタやっているだけで何にも進んでない。といういつもの光景だったし。
とにもかくにも大会中に大きな事故も食中毒もなく終わってよかった!よかった!!

それから・・・
新品だった靴は初日から洗い場の池に落ちてクシャクシャになりました。
ご飯の炊き方が最後までうまくなりませんでした。皆さんごめんなさい。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-20 21:25 | Rally Mongolia2010
モンゴルの準備も佳境です
昨日、こま図が到着していました。昨夜はふーたんもやってきてコマ図貼り大会。でもコーションとかをチェックしただけで暑さにやられて貼ったのはごく一部。今日帰ってみたら、だんな様は冷房の効いた部屋で貼り貼りしていました。もう終わったようです。さて、私は今から持っていくものの準備だ。まずはバケツの捜索から。

f0053647_222753.jpg今回行くにあたって購入したものその2 。トレールウォーキングシューズ。足首の虫刺され対策と北のほうは寒そうなのでくるぶしまである靴を買いました。
[PR]
by xr_maru | 2010-08-03 21:46 | Rally Mongolia2010
好物?
f0053647_2222418.jpg

これ、去年のキャンプでもらっておいしかったので、とあるお方に発注した。でも、私が食べる機会はないから旦那さんよう。
[PR]
by xr_maru | 2010-07-08 22:22 | Rally Mongolia2010
今週末はシッピング
f0053647_2216171.jpg
今エンジン閉まりました。わーい。
[PR]
by xr_maru | 2010-06-23 21:04 | Rally Mongolia2010


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧