Special Thanks







とれとれ レイド馬関
スタートしていきなり鉄塔に登る道の入り口が分からなくてウロウロ。行き過ぎて戻ると、入り口で待っていたコースクリエーターさんに「ブリーフィングどおりでしょ」と怒られる。ナンカコワイデス・・・結局ここでウロウロしていた3名がラリーの最後尾集団を構成することになる。鉄塔道のシングルはとて走りやすくて特に下りは最高だった。でも前から誰か帰ってきた。あれ?分岐あったっけか??んー。。。悩んでいると「こっちだって」とスタッフさん。「地図にそう書いてあるでしょ」と怒られた。
ここで気付いた。これはダメ人間のグループだ。一刻も早く抜け出なければ・・・人の影響をものすごく受けてしまう私。前から人が来ると、間違っていなくても間違った気になるし、違うかもと思っていても、皆がそっちに行けば付いていく。集団心理?にやられまくるのだ。コマ図だとそこに自信という要素が加わって、皆の者、こっちだー。と集団ごと連れて帰るという技があるけど地形図になると重要な自信がないので最悪なのだ。
チェックポイントを通過し先を急ぐ。、ペースはほぼ同じ。地図の分からない所もほぼ同じ。団子ですすんでいく。

有人チェックのCP5でバナナとコーラを補給し次に進む。大きな道から山のほうへ舗装路をこぐ。ぐんぐん漕いで・・・あれ?おかしい。ここどこだ?この道の入り口は合っていたはずなのでどこかで曲がり間違えたらしい。農作業をしているおばあちゃんに「ここどこですか?」と聞いてみる。要領を得ない回答だったけどどうやら間違えたらしい。「今からこの辺行きたいんですけど・・・」と聞くと「あんた、危ないからやめときなさい。あの山はイノシシがいるから。」と。そんなこと言われたってルートなのだから仕方がない。行き過ぎた分を引き返し、半信半疑ながら分岐らしき林道へ入る。ああ、ダメグループを脱出しなければ、と思っていたけど確実に私=ダメ人間だわ。と悟った。
竹林では竹が割れる音がするたびにビクビクする。おばあちゃん、いらない情報をありがとう。CP6を見つけたときにはほっとした。地図読み合ってた。まだ救いようがあるかも・・・で、問題はその後。ダメ3人組が一同に介した。全員イマイチどこか分かっていないものだから話しても要領を得ない。ナビゲーションが出来る同士ならお互い助け合って余計にサクサク進めるけど、出来ない同士だと、「いまどこですかねー?」「いやー、私にも良く分からないんですけど、この辺?かな??ははは。。。」そんな会話が繰り広げられる。「私について来い!」なんて絶対に言えない。そして、ついには、ワダチを追って路面を見て「うーん、ここ、たくさんわだちのあとがあるからこっちだと思いますよ~。」などと言い出す。あれっ?イベントの趣旨が変わってる?その後は、あっちで悩み、こっちで悩み・・・最終的には道路に地図を置いてグルグル回したりしたり、畑のあぜ道をチャリを抱えて周りをキョロキョロしながら走ったり、電気柵沿いで感電におびえたりしながら、どうにか足切りポイントににたどり着いた。結果は50分オーバー。旦那さんははるか先を走っていて、15分オーバーだったらしい。
結果、間違いなくても足切りを突破できないのに迷っていては完走できるわけがない。
そんなわけでチームダメな3人組。最後までお付き合いありがとうございました。迷子になっても大丈夫?と心強かったです。
f0053647_2171779.jpg

来シーズンは地図読み修行をする予定でございます。もう少しで読めるようになりそうな予感?
[PR]
by xr_maru | 2013-04-16 20:28
反省会 >>


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧