Special Thanks







やはり保険は難関
今日は、保険をかけに行ってきました。今回は2回目なのですんなり行くかと思いましたが今回もなかなか難関でした。保険会社の人には何をするかをきちんと説明しないといけません。適当なことを言って後で保険の対象外ですと言われてしまったら大変です。
レギュレーションにはアンビュランスジェット(医療ジェット?救急飛行機?訳が分からん・・・)を使うことがありますので保険に入っておくように。と書いてあります。(保険が一番うるさくて、毎朝保険証書を携行しているかチェックがあります。)
代理店の担当者が前回と変わっていたので保険会社に何度が問い合わせが必要なようでした。アンビュランスジェットが保障されるのかと言うのが分からなかったみたいです。結局、緊急移送は補償範囲内という話になったので次は保障金額です。前回はあまり確認せずに保険を作ってもらったので今回はちゃんと内容を聞いて決めることにしたのです。(ごめんなさい。面倒な客で)保険で一番大事なのは救援者費用(これが緊急移送の保障になるらしい)とケガしたときの病院の費用。それ以外はあまり重要でありません。
レース用の保険と言うのがあるわけでなくて海外旅行保険で運動割増料金を支払います。運動の種類によって保障項目の割増率が違うとのことです。ちなみにラリーが該当する区分では、とにかく傷害関係(死亡、後遺症、治療費用)の掛け金が高いです。あと、携行品傷害も。逆に緊急移送にかかわる救援者費用は設定できる最高金額かけても掛け金は数百円。それから賠償責任も数十円でした。
とにかく救援者用と傷害治療だけ高くして後は激安に設定しました。今回の保険料は33,000円。ちなみにこの保障内容で普通の旅行の掛け金だと6,000円くらいだそうです。これが高いか安いかは意見が分かれそうですね。

そんなこんなで今回も無事に保険をかけられて一安心です。代理店の方も親切丁寧に対応してくださって感謝感謝。ちなみにこの保険、モンゴルとかほかのレースでも使えると思います。

参考URL
http://seno.jp/pages/insurance/kaigai/n_sports.htm
[PR]
by xr_maru | 2009-03-12 21:27 | Tuareg rally2009
<< レイド阿蘇で学習 ファンヒーターの掃除 >>


Rally
日記
2011 ラリーモンゴリア
2010 ラリーモンゴリア
2009 ラリーモンゴリア
2009 トゥアレグラリー
2008 TBI(TDR250)
2007 トゥアレグラリー
2005 北京ウランバートル
2002 ラリーレイドモンゴル

準備
GPS60の使い方
ラリーモンゴリア持ちものリスト
TBI持ちものリスト
水分と塩分の補給

Archives
昔のレース・ツーリング等
昔の表紙
 ↑わりに気に入っているので残留

以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧